やさい

ホーム / やさい

2012年に開設、椎茸の廃菌床を利用した野菜の栽培を始めました。
現在ではラディッシュやズッキーニ・ささげをメインにつくっており、他品目も毎年栽培方法を改良し続けています。

土づくり
椎茸を採り終えた菌床には炭素や水分が含まれ、それを堆肥化させることで土を柔らかくさせたり作物を育てやすい畑にしていきます。
菌床を余すことなく利用でき、環境にもやさしい循環型農業に取り組んでいます。
TORAOの代表野菜

植えてから収穫までの期間が短いことから「二十日大根」とも呼ばれる、地中海沿岸が原産の大根の一種。消化酵素のジアスターゼやビタミンCが豊富で葉の部分も美味しくいただけます。鮮やかな赤い皮や可愛いサイズを活かしてサラダや酢漬け、煮物など幅広く使えます。

いんげん豆を成熟前に若採りしたもので、必須アミノ酸であるリジンやアスパラギン酸が多く含まれています。煮物や胡麻和えなど和食料理に、また食感がいいので炒め物や天ぷらにしても美味しくいただけます。

 

かぼちゃの一種で茄子のような肉質とほのかな甘みが特徴の夏野菜です。低カロリーながらβカロテンやカリウム・ビタミンCなどが含まれています。フランスの家庭料理であるラタトュイユや炒め物・カレーの具に、天ぷらやフライにするのもおすすめ。

収穫スケジュール

※天候等により変更する場合があります